残クレの車は売却できるがディーラーで売ると損をする可能性がある!

※本ページはプロモーションが含まれています。

残クレで新車を購入すると、ローンを支払うまで乗り換えができないと思っている方は多いのではないでしょうか?

そんなことはなく、残クレ途中の車は売却できます。

残クレの車は購入したディーラーでしか売れないと勘違いされている方がいますが、そうではありません。

正しい手順を踏めば買い取り業者へ売却できます。

この記事では以下の内容を解説しています。

  • 残クレの車はディーラー以外で売却方法
  • 残クレの車を途中で売却する方法
  • 残クレの車を売却するときの注意点

最後まで読めば、残クレ途中の車の売却方法とポイントが分かります。

残クレとはなに?仕組みを解説

残クレとは正式には「残価設定型クレジット(残価設定ローン)」のことでローンの一種です。

契約時に車を使用する期間を定めた上で、下取り価格を決めておきます。

その下取り価格はローン支払いから免除されるので、毎月の支払額を減らすことができるのです。

残クレのメリット
  1. 毎月の支払額がローンより安い
  2. 頭金0円で新車に乗れる
  3. ワングレード上の車が買える

新車が手軽に買える上、毎月の支払額が減ることで車のグレードを上げることができます。

同じ車のハイブリッドモデルが欲しい

アルファードが欲しいけど予算的にはヴォクシーかな

こういう人におすすめなのが残クレです。

例えば300万の新車を購入する場合、残価を100万と設定したら差額分の200万をローンで支払う仕組みです。

残クレ料金の仕組み

残価分は支払いしなくて良いため、上位車種を買っても支払額が安くなるのです。

また、「残クレ」「残価設定型ローン」「残価設定クレジット」の呼び方は違いますが、内容はほぼ同じになります。

残クレの仕組みはコチラの記事で詳しく紹介しています。

残クレ途中の車は売却は可能

残クレで購入した車は、ローンが残っていても売却できます。

残クレの購入した車は仕組み上、所有権名義はディーラーかローン会社になっています。

そのため自分の一存で決めることはできませんが、一旦車を買い取ってしまえば売却することが可能になります。

残クレは買取が可能だからね

売却するためには、車両残価分を一括返済すれば問題ありません。

ただし、下取り額が残価を下回ったら清算する必要がありますのでご注意ください。

残クレの車はディーラー以外でも売却できる

ここまで残クレの車の売却は可能だとお伝えしてきましたが、ディーラー以外でも売れるのをご存知でしたか?

ディーラーでは表立って教えてくれませんが、残クレで購入した車を買取業者で売却できるのです。

むしろ買取業者ではディーラー査定に比べて高い値段をつけてもらうこともあります。

前章でもご紹介しましたが、残クレ購入の車は残債を一括返済しないと売却できません。

そのためなるべく高い金額で買い取ってもらうことが重要になるのです。

人気車種や中古車相場が価格高騰している場合は、残価よりも高い金額を提示される可能性があります。

そうすれば自分の持ち出しはゼロで車を売却できますし、うまくいけば自分に現金収入が発生する可能性もあります。

残クレの車を損せずに売却したい際は、買取業者に確認することをオススメします。

でもディーラーは少し嫌がるよ

売却の相談はしない方が良い

残クレは基本的に購入したディーラーに車を返却する前提です。

ディーラーは自社でメンテナンスをした上質な中古車が手に入るため、残クレの車は下取りしたいと考えているのです。

そのため「買取店に売りたい」と相談すると、ディーラーによっては少し嫌な顔をされる可能性があります。

程度の良い中古車が手に入るチャンスだったのに…!

ディーラーにとっては損をしてしまう可能性がある話なので、残クレで買った車を売るときには注意しましょう。

残クレ契約中の車でも、査定だけなら買取店でも可能です。

一度ディーラーには内緒で、買取店の査定を受けてみることをおすすめします。

参考車を売るならディーラー?買取業者?査定額の違いを紹介します

ディーラー以外で売るときの注意点

覚えておきたいポイント

残クレの車を売却するときは、とにかく高く売ることが重要です。

しかし高く買い取ってくれるディーラー以外で売るときには、注意しなければいけない点があるのでご紹介します。

1.違約金を請求される可能性がある

残クレの車を売るときに気にすべき点は、途中解約で違約金が発生することがある点です。

販売店によっては違約金を設定をしている時もありますので、契約時に注意をしましょう。

2.ローンの立替を受け付けていない買取店もある

残クレの車は売却前に、契約したディーラーにローンを一括返済する必要があります。

しかし買取金額がローン残債に満たない場合、買取業者にローンを立て替えてもらう必要があるのです。

現金で払えればそれでもいいよ

買取店の中には、ローンの立替をしてくれない店舗もあります。

ローンの立替サービスを行っている店舗か確認してから査定に出すようにしましょう。

3.車を乗り換える場合は手間が発生する

車を乗り換える時は購入先と売却先が違う為、手続きに時間がかかるようになります。

最近では買取店でも車を販売している為、売却先で車を買うことができる店舗を検討しましょう。

残クレの車を途中で売却する方法

残クレで購入した車を売却したい、もしくは買い替えたいと思う人も多いはず。

ここでは、残クレの車を売却する方法をご紹介します。

【準備】残価とローンを一括返済する

記事の冒頭でもご紹介しましたが、残クレの車を売る場合は残価を一括精算する必要があります。

売却金額を返済に充てることもできますが、先に返済を済ませることができるならその方が売却がスムーズに行えます。

残価を一括精算する場合は、車を購入したディーラーに出向き

この車の残価を一括精算したい

と伝えましょう。

買取金額次第で決めたい場合は、先に買取業者の査定を受けておきましょう。

買取店で車を売る

残価の精算が終わったら、買取店で車を売却しましょう。

精算が終わっていればすでに車は自分のものなので、売却も自由に行なえます。

所有権解除が行われていない場合は、引き続き所有権はディーラーにあります。

先に所有権解除の手続きを行い、車の名義を自分のものにしておきましょう。

参考【画像あり】残クレで買ったホンダファイナンス名義の車の所有権解除をしてきた

車を買ったディーラーに下取りさせる

残価とローンを一括で返済できることはなかなか難しいと思います。

車を買い換えることが目的であれば、ディーラーに下取りをお願いするのも一つの手です。

同じディーラーで新車を買う場合なら、残クレの精算金と下取り額を合わせてくれる可能性があります。

面倒が嫌いな人は、ディーラーに相談してみましょう。

買取店で残クレの車を売るステップ

筆者のおすすめは、買取店で売る方法です。

もし残クレの残債以上の買取価格が提示されれば、上回った差額分は自分の現金収入となります。

複数業者で相見積もりを取れば高く売れる可能性があるため、損することなく残クレの車を手放すことができるかもしれません。

①残債の金額を把握する

まずは自分の車の支払いがどれぐらい必要なのか把握することが大切です。

把握しないとただ高く売ろうとして見積に時間を費やしてしまう可能性もあります。

車を売却する基準にもなりますので、査定する前に確認しておきましょう。

②査定する

査定を受ける様子

査定をはじめます。

その時に1社だけにすると、買い叩かれる可能性もありますので注意してください。

最低でも3社から見積もりをとり、比較するのがおススメです。

車一括査定のサービスがありますので、有効活用していきましょう。

ディーラーより買取業者での査定が高くなる可能性がありますので検討してください。

筆者が36万円高く車を売った方法
車を高く売るために必要なのは、複数業者に査定をしてもらうことです。

車一括査定を使えば、近所で車を高く買ってくれる業者を自動でマッチングしてくれます。
MOTA車買取:最大20社が競い、査定額が高い最大3社からしか電話が来ないサービス。申し込み翌日18時にはWeb上で査定結果がわかります。
カーセンサー最大30社に査定依頼ができるサービス。査定額を比較すれば最高額で売却も可能。
くるまりこちゃん編集部のカローラツーリングも、最初の見積もりから36万円も高く売ることができました。

③売却金額を確認後、追加費用を把握

残債が残っている車を売る時の判断指標になるのは、追加費用を支払うか必要があるかです。

以下2つのパターンに分かれるよ

  • 売却金額>ローン残債+残価・・・追加費用ナシ
  • 売却金額<ローン残債+残価・・・差額分を支払う必要アリ

車の売却金額が多い場合は、売ったお金で残債精算できるので全く問題ありません。

買取店によっては手続きを全て代行してくれる場合があります。

しかし差額分が発生すると、補填分を支払う必要があります。

④残価を清算、売却手続きを行う

売却を決めたら、後は手続きをしましょう。

残クレで購入した車の名義はディーラーかローン会社になっています。

買取店によっては、残債を立て替えて支払ってもらうことができます。

参考【見積書を公開】車買取は相見積もり必須!36万円高く売った手順や方法を紹介

残クレの車を下取りする方法

ここでは、残クレで購入した車をディーラーで下取りしてもらい、新車を購入する方法をご紹介します。

まずは残債と残価の金額を把握しましょう。

下取り価格がローン残債よりも上回る場合は追加費用もなく、上回った分は次の車の購入費用に充てられます。

下回る場合は以下の対応が必要になります。

  1. 自己資金で一括返済する
  2. 新車ローンにその分を上乗せする

残クレの車を買ったディーラーで下取りすると、手続きがスムーズになるのがメリットです。

ただ、以下の様なデメリットがあります。

  • 売却だけはできない
  • 下取り額は高値にはならない
  • ローンが残る可能性アリ
  • 違うメーカの車は選べない

下取りの場合は、制限されることが多いので気を付けてください。

残クレの車を売却するときは残債額に注意

残クレの車を売却する時は残債額を把握することが大切です。

ローンの残債額を知りたい場合は、2つあります。

  1. ローン会社のハガキで確認
  2. ローン会社で直接電話で確認

上記以外にも今まで支払った回数を調べて、残額を計算することも可能です。

買取価格が残債額を上回ったとき

上回ったときはそのまま売却益で残債を支払い、差額分は利益になります。

例えば残債が50万で売却金額が60万の場合は+10万の利益になります。

なるべく高く売ることが大事でしょう

買取価格が残債額を下回ったとき

残債が売却金額より下回ってしまったら、その分を支払う必要があります。

想像より残債が多いと感じるなら、一旦売却を保留にするなど対応をしましょう。

残クレの車売却で損をしない方法

残クレの車を売るときに大事なのは、何よりも値段です。

残債分を上回れば現金を受け取ることができ、残債を下回れば追加支払いが発生します。

車の査定価格は業者によって数十万円の差が出るのも珍しくありません。

A社では残債以下の査定額だったのに、B社では残債以上の査定額となることもあります。

そのため最低でも3社の査定は受けましょう

車一括査定を使えばカンタンに複数社の査定を受けられるので、残クレの車売却には必須です。

車一括査定とは

車一括査定は、一度の申し込みで複数の買取業者に査定依頼ができる便利なサービスです。

中古車にはハッキリした値段がないので、1社の査定だと「もっと高く売れた可能性」を潰してしまうのです。

最低でも3社の査定は受けるべきだよ

車一括査定を使えば業者同士が勝手に競い合うため、面倒な交渉ナシで車が高く売れるのです。

各社が競い合った結果

自分で買取業者を回ると、時間もかかるし交渉も面倒、、

車一括査定なら1時間あれば査定が終わるでしょう!

車一括査定のおすすめは「MOTA車買取」

画像:MOTA車買取より

数ある車一括査定の中でもオススメは、MOTA車買取です。

MOTA車買取は一括査定にありがちな電話ラッシュがないので、自分のペースでじっくり考えることができます。

MOTA車買取3つの特徴

画像:MOTA車買取より

電話ラッシュが少ない理由は、買取業者による入札制度を設けているから。

MOTA車買取のイメージ

利用者はMOTA車買取に売りたい車の情報を入力して、各社の査定結果が出るのを待つだけ。

>>MOTA車買取を利用してみる

申し込み翌日18時には、Web上で査定結果を確認することができます。

MOTA車買取の査定結果

入札の結果、査定価格が高かった上位3社からしか電話がこないので、安い業者とやり取りする必要がありません。

もちろん、全国834社の中から最大20社が競い合うから、他の車一括査定のように高値が期待できます。

「とにかく社数重視!たくさんの中から比較したい」という方は、全国1,000社以上の中から最大30社が競い合うカーセンサーもおすすめです。

>>カーセンサー公式サイトを見る

筆者は実際にMOTA車買取を利用し、ディーラーの査定価格より30万円以上も高く車を売ることに成功しました。

MOTA車買取で査定を受ける様子

新車の値引きが少ない中、少しでも車が高く売れればそれだけお得に車を買い替えることができます。

このサイトは実際に使ってみたサービスを中心におすすめしているので、気になる方は是非一度MOTA車買取公式サイトをご覧ください。

>>MOTA車買取公式サイトを見る

筆者がMOTA車買取を利用した記事はここから読めるよ

MOTA車買取で車を売ってみた!ネットの評判を検証した結果とデメリットを紹介
車一括査定の中でも最近よく聞くのが「MOTA車買取」です。 しつこい電話営業がないとクチコミでは紹介されていますが、本当なのでしょうか? 本記事では、筆者がMOTA車買取を使って車を売却した様子と、実体験に基づいてネット上の評判を検証してい...

残クレの車はプラス査定になる?ならない?

残クレの車だからといって査定がプラスになる、またはマイナスになるということはありません。

査定はあくまで車に対して行うものなので、購入方法に対する基準はありません。

しかし車の査定価格というのは毎日少しつづ下落していきます。

残クレで買った車を査定して、残債精算したり所有権解除をしたりという手続きをしていること、どんどん日数が経過してしまう可能性があります。

こうした結果、査定額が下がってしまうということはあるので注意しましょう。

手続きはスムーズに行うのが鉄則でしょう!

残クレの車を売るときに必要な書類

残クレの車を売却するときは、名義変更の書類が必要になります。

中古車買取業者にもお願いすることが出来ますが代行費用がかかります。

少しでも費用を浮かせるために、自分で用意できるものは事前に準備しておきましょう。

下記の書類がないと名義変更が出来ませんので確認しましょう。

  • 車検証
  • 納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 譲渡証明書
  • 住民票・戸籍謄本

車買い替えに必要な書類などは、以下の記事で詳しく解説しています。

車を36万円も高く売った方法
車を高く売るために必要なのは、複数業者に査定をしてもらうことです。

最近はネットで車の情報を登録するだけで、査定が高い上位3社から電話がくるだけというサービスが登場しています。

おすすめの車一括査定はコレ!
MOTA車買取:最大20社が競い、上位3社からしか電話が来ないサービス。申し込み翌日18時にはWeb上で査定結果がわかります。
CTN一括査定約1,000店舗が競い合うサービス。上位3社のみが連絡できるので電話ラッシュは一切ナシ!

くるまりこちゃん編集部のカローラツーリングも、最初の見積もりから36万円も高く売ることができました。

お得に車選びをする裏ワザ
車を買うとき、いきなりディーラーに行くよりお得な方法があります。

まずはネットを使って車を選べば、全メーカー・全車種から自分にピッタリの1台が見つかります。
定額カルモくん:車検・税金コミで月1万円台で新車が持てるカーリース。500円のオプション料金で最終的に車がもらえます。

ズバブーン:欲しい車の条件を入力しておけば、中古車市場に出回る前の非公開車両を無料で紹介してもらえます。

まとめ

  • 残クレで買った車は、契約中でも売却することができる
  • 先に残債を精算して名義を自分にしておくと売却がスムーズ
  • 買取価格が残債より低い場合は追加支払いが発生する
  • 残クレの車だから査定で不利になるという事実はない
  • 少しでも高く売ることがポイントなので、買取業者を活用する

まずは、査定をしてもらう前に残債がどれだけあるのかしっかり把握しましょう。

そこから売却すべきか検討しても遅くはありません。

車を高く売りたい人や、買い替えたい人はぜひ買取業者にて売却を検討してください。

車は高い買い物なので、丁寧に計画的に進めないと損をする可能性もあります。

この記事を参考に残クレの車をお得に売却しましょう。

よくある質問

Q1:残クレで買った車は売却できる?

売却は可能です。その際は残債が売却金額を上回るか下回るか注意をしましょう。買取業者で売却する場合は複数の査定がおススメします。

Q2:ホンダの残価設定ローンは途中で売却できる?

ホンダの残価設定ローンも売却可能です。ホンダファイナンスのカスタマーセンターまで連絡して手続きとなります。そこで残債を確認後振り込みになります。完済後、再度ホンダファイナンスに電話して所有権の解除の手続きをします。

Q3:残クレで売却したら差額はどうなる?

上回れば返却されますし、下回る場合は自己資金で補填が必要です。

Q4:残クレの車は他社乗り換えできる?

他社で乗り換えることは可能です。その場合は名義変更が必須となります。その場合は残債+残価を現金一括払いが必要ですので、準備しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました