【プロに聞いた】車を売るとき不具合を言わないとどうなる?損しかないからやめとけ

※本ページはプロモーションが含まれています。

車を売るときは、把握している不具合は全て伝えましょう。

車の不具合を隠して売ることで、売却後のトラブルやクレームを引き寄せてしまうこともあります。

それでは結局、得をするどころか損をしてしまいます。

より良い取引をするためには、車の状態を正直に伝え、多くの買取業者に査定を依頼することが必要です。

その理由と具体的な進め方について、この記事で解説します。

車を売る際に不具合を言わないと損をする

実際に査定を受けているところ

先に結論からお伝えすると、自分が認識している不具合は車を売る際に全て伝えましょう。

黙っていればバレないんじゃ…

と思うかもしれませんが、何百何千と査定してきているプロ相手には全てバレています。

また最近の査定はタブレットを使うことが多く、チェック項目が本部から細かく指示されているのです。

実際に筆者が車査定の際にプロに聞いたところ「大体の不具合はわかります」と回答されました。

実は不具合自体はあまり大きなマイナスになることはなく、それ以上に「ウソをついている」というポイントがマイナスになります。

この人は不誠実だな、きっと他にも不具合があるに違いない

査定をする人もプロなので、不信感を抱いたら「疑わしきは罰する」の精神で査定を行います。

そのためいつもよりもチェックが厳しくなり、結果として「不具合があるかもしれない」という視点で査定をされます。

この状態ではプラス査定は絶望的なので、車を売る際に不具合を言わないのはおすすめできません。

自分がわかる範囲で構いませんので、誠実に受け答えをするようにしましょう。

相手を騙すようなマネをするのではなく、他の方法で車を高く売ることを考えた方が良いでしょう。

参考車を高く売るコツは13!交渉術と合わせて高価買取を狙う方法

言った方が良い不具合6つ

全ての不具合を事細かに伝えるのは大変です。

そこで本章では、車を売る際に言った方が良い不具合を6つご紹介します。

1.異音や振動

もし車内で異常な音や振動が発生したり、警告灯が点灯した場合、それは何かしらの問題があるサインです。

メーターの警告灯

このような問題は、売却前に業者に詳しく伝えるべきです。

特に細かな故障でも、それが将来的に大きな問題に発展する可能性があります。

2.修復歴や事故歴

車の骨格部分が一度でも修理された経歴がある場合、それは「修理履歴」として申告すべきです。

例えば、駐車場での軽度な衝突でも、フレームが損傷した場合は修理履歴が生じます。

ただし、ドアやエンジンといった取り外し可能な部分の修理は、修理履歴には含まれません。

とはいえ、軽微な修理でも査定員は塗装の被膜を測る機械を持っているので見つけることができます。

修理した箇所は塗装の厚さがほんの少し異なります

修復歴に当たらない箇所は、しっかり直してあれば減額されることはありません。

正直に「ここはぶつけて直したことがある」と言うと誠実さをアピールできます。

3.水没歴

もし車が過去に水害に遭い、冠水した経験があるならば、それは売却時に申告すべき重要な情報です。

見た目には分かりにくいかもしれませんが、水に漬かることで車の内部の部品は腐食や酸化が進む可能性があります。

これにより性能の低下や、最悪の場合、車が動かなくなってしまう可能性があります。

4.メーター交換歴

走行距離メーターが一度でも交換された経験があるならば、その事実は業者に伝えるべきです。

なぜなら、交換後のメーターは実際の走行距離よりも少なく表示される可能性があるからです。

もし不具合などによりメーターを交換した経歴があるなら、その際に発行された書類を一緒に提出しましょう。

5.パーツ交換歴

純正パーツの有無は、車の価値を大きく左右します。

社外品を使用してカスタマイズを行っている場合、純正パーツを保管しているなら、それを持って査定に行くことをおすすめします。

無理に自分で取り付ける必要はないので、一緒に持っていくことが大事です。

6.日頃のメンテナンス状況

1年点検をはじめとする定期点検を受けていれば、その明細などは一緒に提出しましょう。

もし日頃あまりメンテナンスをしていないようなら、それも正直に伝えるべきです。

車検のときしか点検をしていないのか、1年点検も受けていたのかは査定結果が変わります。

何より大切なのは、あなたが業者に提供する情報の真実性です。

不適切な情報を提供することは避けましょう。

修復歴を聞かれなかったらセーフ?

いいえ、修復歴は、売却時に非常に重要な情報であり、聞かれなかったから答えないというのは通用しません。

もし修復歴を隠して車を売却し、後にその事実が明らかになった場合、瑕疵(かし)担保責任という法的責任が問われる可能性があります。

修復歴は車の価値に直結する情報であり、買取業者や新しい所有者にとって重要な判断材料です。

車の骨格部分の交換や修理の履歴は、車の安全性や耐久性に関わるため、正直に申告することが求められます。

隠してしまった場合、将来的にその車で問題が発生した際に、売却時の隠蔽が原因となったとされれば、売主としての信用失墜や法的な問題に繋がる可能性もあります。

したがって、修復歴は業者から聞かれなくても、積極的に伝えるべき情報であると言えるでしょう。

車を売却後にクレームになる?

はい、売却後にクレームになる可能性があります。

車を売る際には、売主は瑕疵(かし)担保責任を負います。

これは、売られた商品が契約時に想定した通りの品質を有していることを保証する責任のことを指します。

実際の契約書の条文

契約書には、以下の条文が記載されています。

第6条(契約車両の品質、瑕疵等に関する申告義務)
1.売主は契約車両につき、本契約締結時の自己に判明している範囲でその使用状況、品質、瑕疵の有無及び程度等を誠実に買主に対し申告しなければ行けないものとする。
2.売主及び買主は、本契約書の所要事項を正確かつ誠実に記載、申告を行うものとし、記載漏れ、誤記載、虚偽の記載等ないように留意するものとし、記載漏れ等を発見したときは、直ちに相手方に報告し、訂正しなければならない。

一見難しく見えますが、嘘をついてはいけない、うっかりだとしても間違いに気づいたらすぐに訂正しなければならないと書かれています。

したがって、故意に重要な情報を隠して車を売った場合、その事実が後に発覚した時点で瑕疵担保責任に抵触する可能性があります。

特に車の修復歴、不具合箇所、冠水歴などは、車の価値に大きな影響を及ぼす重要な情報です。

これらを隠して車を売った場合、買い手は「契約時に想定した品質」と異なると主張して売却取り消しや賠償を求めることが可能となります。

このようなトラブルを防ぐためにも、車を売る際には、修復歴や不具合箇所、冠水歴などの情報を正直に申告することが求められます。

減額請求もあり得る

もし修復歴を隠して車を売ったら、下がった価値の分だけ減額請求される可能性があります。

具体的には、修復歴車となった場合の差額を請求されるでしょう。

また買取業者が「この車はいらない」となった場合、査定にかかった費用や買い取ってから整備した際の費用などを請求される可能性があります。

実際の契約書の条文

契約書には、以下の条文が記載されています。

第8条(契約の解除)
1.次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合には、買主は売主に協議を求めるものとし、両者で十分な協議を行ってもなお合意に至らなかった場合又は協議が不能なときは、買主は売主に催告し(第5号及び第6号の場合、催告は不要)本契約を解除することができる。
〜略
(5)契約車両につき、中古自動車取引業界における一般的かつ標準的な車両検査(修復歴の基準については一般財団法人日本自動車査定協会が定める基準、走行距離に関する瑕疵においては一般財団法人日本オートオークション協議会への照会を実施)において判明していない瑕疵があることが判明したとき

つまり、一般的な査定ではわからない瑕疵があったら契約解除ができるということ。

修復歴を隠していればこれに該当するね

この契約書では「契約の解除」となっていますが、買取店に何らかの損害が発生していれば、その費用を請求される可能性も大いにありえます。

ここまでの解説からも、不具合を隠して売ることになんのメリットもありません。

次章では、不具合を言わないと査定員がどう思うのかご紹介します。

不具合を言わないと査定が厳しくなる

車の査定時には、必ずと言っていいほどアンケート調査があります。

そこでは過去の修復歴や事故歴を聞かれることもあります。

ネクステージの査定依頼書

筆者が実際に査定を受けた際に記入したアンケートにも、修復歴や故障についての質問がありました。

実際に不具合を言わなかったとしても、バレずに最後までやり過ごせるなら結果として得をします。

しかし査定員はプロ

どこをチェックすればいいのか、しっかりと知識を蓄えているのです。

そこで不審な点を見つけたら、間違いなく「過去にぶつけたりしました?」などと質問をするはず。

査定を受ける様子

査定はプロが専用のタブレットや工具を使い、隅々まで細かく行います。

その際にウソをついたら、査定員はあなたのことを「不誠実な人」と判断するでしょう。

査定員のスキルであれば、不具合は明白になります。

あなたの証言と一致しなければ「他にも不具合を隠されているかもしれない」と感じ、より一層査定が厳しくなります。

それにより、本来なら見過ごされていたところも見つけられてしまい、マイナス評価をつけられる可能性があります。

不誠実な人と思っている人の車にプラス査定をすることはなく、査定基準価格から機械的にマイナス箇所に応じた減額をされるだけ。

結果的に厳しく査定されたあなたの車は、相場よりも高くなることはありません。

逆に不具合を正直に全て伝えれば、誠実な人として小さな欠点は見過ごされる可能性があります。

査定員も人だからね

何度もお伝えしているように、不具合を言わないことにメリットはありませんので、車を売る際には自分の車の状況を詳しく伝えましょう。

不具合がある車でも高く売る方法

値引きのイメージ画像

不具合がある車を売却する際、不具合を隠して売るのは避けましょう。

逆に、その不具合を明確に伝えた上で、複数の買取業者に査定を依頼することがお勧めです。

なぜなら、買取業者はそれぞれ異なる査定基準を持っており、全ての業者が同じ不具合を同じ程度に問題視するわけではないからです。

例えば、特定の機械的な不具合は、ある業者にとっては大きなマイナス要素となるかもしれませんが、別の業者にとってはそれほど問題とならないかもしれません。

また、某業者が修理の経験やノウハウを持っている場合、他の業者よりも不具合のある車に対する査定額が高くなることもあります。

そのため、ウソをついて何かを隠すのではなく、誠意を持って車の状態を伝え、複数の業者による査定を受けることで、不具合のある車でも最高の買取価格を引き出すことが可能になります。

参考【見積書を公開】車買取は相見積もり必須!36万円高く売った手順や方法を紹介

複数の買取業者の査定を受けるなら、車の一括査定サービスがおすすめです。

車一括査定とは

車一括査定は、一度の申し込みで複数の買取業者に査定依頼ができる便利なサービスです。

中古車にはハッキリした値段がないので、1社の査定だと「もっと高く売れた可能性」を潰してしまうのです。

最低でも3社の査定は受けるべきだよ

車一括査定を使えば業者同士が勝手に競い合うため、面倒な交渉ナシで車が高く売れるのです。

各社が競い合った結果

自分で買取業者を回ると、時間もかかるし交渉も面倒、、

車一括査定なら1時間あれば査定が終わるでしょう!

車一括査定のおすすめは「MOTA車買取」

画像:MOTA車買取より

数ある車一括査定の中でもオススメは、MOTA車買取です。

MOTA車買取は一括査定にありがちな電話ラッシュがないので、自分のペースでじっくり考えることができます。

MOTA車買取3つの特徴

画像:MOTA車買取より

電話ラッシュが少ない理由は、買取業者による入札制度を設けているから。

MOTA車買取のイメージ

利用者はMOTA車買取に売りたい車の情報を入力して、各社の査定結果が出るのを待つだけ。

>>MOTA車買取を利用してみる

申し込み翌日18時には、Web上で査定結果を確認することができます。

MOTA車買取の査定結果

入札の結果、査定価格が高かった上位3社からしか電話がこないので、安い業者とやり取りする必要がありません。

もちろん、全国834社の中から最大20社が競い合うから、他の車一括査定のように高値が期待できます。

「とにかく社数重視!たくさんの中から比較したい」という方は、全国1,000社以上の中から最大30社が競い合うカーセンサーもおすすめです。

>>カーセンサー公式サイトを見る

筆者は実際にMOTA車買取を利用し、ディーラーの査定価格より30万円以上も高く車を売ることに成功しました。

MOTA車買取で査定を受ける様子

新車の値引きが少ない中、少しでも車が高く売れればそれだけお得に車を買い替えることができます。

このサイトは実際に使ってみたサービスを中心におすすめしているので、気になる方は是非一度MOTA車買取公式サイトをご覧ください。

>>MOTA車買取公式サイトを見る

筆者がMOTA車買取を利用した記事はここから読めるよ

MOTA車買取で車を売ってみた!ネットの評判を検証した結果とデメリットを紹介
車一括査定の中でも最近よく聞くのが「MOTA車買取」です。 しつこい電話営業がないとクチコミでは紹介されていますが、本当なのでしょうか? 本記事では、筆者がMOTA車買取を使って車を売却した様子と、実体験に基づいてネット上の評判を検証してい...

まとめ

  • 車を売る際に不具合を言わないと結果として損をする
  • 隠して売ったら後でクレームに繋がる可能性がある
  • 特に修復歴は言わないと瑕疵担保責任に問われる
  • 不具合を隠すことで不信感を抱かれ、査定で厳しくチェックされる
  • しっかり不具合を伝えた上で複数の買取店で査定を受ける方が良い
筆者が36万円高く車を売った方法
車を高く売るために必要なのは、複数業者に査定をしてもらうことです。

車一括査定を使えば、近所で車を高く買ってくれる業者を自動でマッチングしてくれます。
MOTA車買取:最大20社が競い、査定額が高い最大3社からしか電話が来ないサービス。申し込み翌日18時にはWeb上で査定結果がわかります。
カーセンサー最大30社に査定依頼ができるサービス。査定額を比較すれば最高額で売却も可能。
くるまりこちゃん編集部のカローラツーリングも、最初の見積もりから36万円も高く売ることができました。
購入よりカーリースがおすすめな理由
カーリースは車を買うよりメリットが多いって知っていましたか?

維持費がコミコミ、納車が早いのはもちろん、ネットで車選び〜契約までできちゃいます。
MOTAカーリース:走行距離制限なし!最後は必ず車がもらえるカーリース。改造もタバコもペットもOK!

定額カルモくん:車検・税金コミで月1万円台で新車が持てるカーリース。500円のオプション料金で最終的に車がもらえるから走行距離の心配ナシ!

よくある質問

修復歴を聞かれなかったから言わなかったけど大丈夫?

修復歴があるのに言わなかった場合は契約解除の恐れがあります。契約書にも記載されているので、しっかり条文を確認しましょう。詳しくはコチラ

事故車を黙って売るのはセーフ?

アウトです。契約書には「自己に判明している範囲でその使用状況、品質、瑕疵の有無及び程度等を誠実に買主に対し申告しなければ行けないものとする。」とあるので、黙って売るのはトラブルの元です。詳しくはコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました