【現役営業マンが教える】ローンが残ってる車や残クレの車売却は「名義」が重要

※本ページはプロモーションが含まれています。

購入時は車検が通らなくなるまで乗り続ける・・・私はそのような声をよく耳にしますが、実際には数年で買い替えを検討される方が多々いらっしゃいます。

その中で多く質問を受けるのが、ローンが残ってる車を売るのは問題ないのかについてです。

ここでは現役ディーラー勤めの私が徹底解説いたします。

愛車の値段を45秒で調べる
MOTAは申し込み翌日18時にはWeb上で査定結果がわかるので、まずは価格を知りたい人にピッタリ!

>>MOTAで45秒査定を受ける


ローンがまだ残っています。車の売却はできますか?

ローンがまだ残っているんですが、車の売却はできますか?

はい、できます。ただし車の売却をするためにはひと手間必要です。

通常、ローンを組んだ場合の車の所有権は、購入者本人ではなくローン会社になっていることが多いです。

そのため、ローン会社に連絡をして許可をもらってから(所有権解除)売却することになります。

ローンの途中で車を手放す方法は、これから詳しく解説していきます。

ローン中でも車は売れる!違いは名義にあった

車は基本的に所有者以外が売却することはできません。

そのため、ご自身の使用している車の所有者が誰であるのかを確認する必要があります。

確認方法としては車検証(または自動車検査証記録事項)の記載内容を確認することが最も一般的です。

自動車検査証記録事項とは?
2023年1月より、車検証が小型化され記載される情報量が少なくなりました。それに伴い、従来の車検証に記載されていた情報を別紙にまとめたものが自動車検査証記録事項です。

車検証の画像

車検証中央または備考欄に”所有者の氏名又は名称”という項目があり、そこに書かれている方が所有者になります。

  • 所有者:車を売る権利がある人
  • 使用者:車を売る権利がない人

2023年1月4日以降の車検証は注意

2023年1月4日より車検証の形式が変更され、所有者の情報が車検証に埋め込まれているICチップ内に格納されるようになりました。

つまり車検証を見ても所有者がわからないので、自動車検査証記録事項を確認する必要があります。

ICチップ内の情報を紙面で印刷しているものが自動車検査証記録事項です

続いて、所有者に応じた売却方法を紹介していきます。

名義が自分の場合

車検証の所有者が自分

名義がご自身の場合は、現金一括で車を購入した場合と同じようにディーラーなどの買取業者にて車両の査定を受けて売却いただければOKです。

つまり自分の車と同じように自由に売却OKです!

銀行のマイカーローンなどで車を買った人は、名義が自分のものになっているケースが大半です。

ちなみに、普通車で本人名義の場合で売却の際に必要な書類は以下の7点です。

  1. 委任状
  2. 譲渡証明書
  3. 印鑑証明書
  4. 車検証
  5. 自賠責保険証明書
  6. 納税証明書
  7. リサイクル預託証明書

車検証、自賠責保険証明書、納税証明書、リサイクル預託証明書は、ご自身の車内に車検証入れとともに保管している場合が多いと思います。

用語の説明

  1. 委任状・・・車の名義をディーラーへ変更するために必要な書類
  2. 譲渡証明書・・・車をディーラーへ譲渡することを証明するための書類
  3. 印鑑証明書・・・①②の書類に押印された印影が有効であることを証明するための書類

名義がディーラーやローン会社の場合

車検証の名義がディーラーの場合

この場合は、売却の前に車の名義(所有者)をディーラーまたはローン会社から自分へと変更するステップが必要です。

この行為を所有権解除と呼びます

ローン会社から自分に名義変更するってことだね

所有権解除にあたり必要な書類は、所有者に連絡をして問い合わせれば教えてもらえますが、下記5点の提出が一般的です。

  1. 車検証
  2. 納税証明書
  3. 印鑑証明書
  4. 所有権解除書類交付依頼書
  5. 委任状

これらを所有者に郵送すれば、後日所有権解除に必要な書類を送り返してくれます。

それをディーラーや購入店に持参し、所有権解除を行いましょう。

売却の際にそれらの書類を買取店に渡すのもOK

参考残クレで買った車を所有権解除してきた話

売却額と残債のどちらが大きいかで対応が変わる

車を売却した際、売却金額とローン残債を相殺することでローンの返済を目指しますが、売却額と残債のどちらが大きいかで売却後の対応が変わります。

ローン残債よりも高く売ることが大事です

売却額より残債が大きい場合(売却額<残債)

車の買取価格よりもローンの残りの方が大きい場合、差額をなんとかして負担しなければいけません。

ローンを清算する方法
  1. ご自身の貯金などから準備したお金で一括返済
  2. ローンを組み直して分割で返済
  3. 次の買い替える自動車のローンに組み込む

ローン中の車を売却するためには、現在契約しているローンを解約する必要があります。

貯金があればそれで負担もできますが、そうではない場合は新たにローンを組み直す必要があります。

新たにローンを組む場合は無担保ローンとなり、自動車ローンよりも高い金利でお金を借りることになります。

次に買う車のローンに合算することもできますが、対応しているディーラーは限られます。

こうなることはできるだけ避けたいね…

だからこそ車を高く売ることが大事になるでしょう!

残債より売却額が大きい場合(売却額>残債)

ローンの残りよりも売却額が多い場合、その差額は現金でもらうことができます。

買取店であれば差額を振り込みでもらえますし、ディーラー下取りなら次の車の頭金にすることができます。

その分車を買い換える際の負担が減るので、少しでも車を高く売ることがカギとなります。

車一括査定などを利用して、複数の買取業者を競わせて高値で売ることをおすすめします。

筆者が36万円高く車を売った方法
車を高く売るために必要なのは、複数業者に査定をしてもらうことです。

車一括査定を使えば、近所で車を高く買ってくれる業者を自動でマッチングしてくれます。
MOTA車買取:最大20社が競い、査定額が高い最大3社からしか電話が来ないサービス。申し込み翌日18時にはWeb上で査定結果がわかります。
カーセンサー最大30社に査定依頼ができるサービス。査定額を比較すれば最高額で売却も可能。
くるまりこちゃん編集部のカローラツーリングも、最初の見積もりから36万円も高く売ることができました。

自分名義の車を売る流れ

車検証に記載されている所有者が「自分の名前」であれば、ローンが残っていても以下の流れで車を売却できます。

1.ディーラーや買取店で査定を受ける

ディーラーや買取店に売却の旨を連絡し、査定を受けます。

その際に残債が残っていることを伝えることがポイントです

残債がどれだけ残っているのか、ディーラーや買取店がローン業者に確認してくれる場合がほとんどです。

とはいえ、事前に残債額を確認しておけば、査定がスムーズに行えます。

残債額がわかれば自分の中で目標金額が設定しやすいからね

私がディーラーの最前線の営業職をしていた時代、案外ご自身がどのローン業者から借入しているのか失念してしまっている方が多かったため、どの業者から借り入れているのかを念のため確認してから査定に臨むことをおすすめします。

ちなみに、良心的なディーラーだと、同じディーラーで新車を買う場合は査定額を上げてくれる場合がありますのでぜひ相談してみてくださいね!

現役ディーラーマンのひとこと
こうした特典は、社長自らが営業もするような中規模非正規ディーラーで多く見られます。逆に正規ディーラーだと営業マンが査定を担当することが多く、下取りは歩合に全く関係無いので金額が適当になることが多いようです。

2.車を売却する

査定結果に納得できたら、実際に車を売却します。

売却時に必要な書類は以下の通りです

  1. 委任状
  2. 譲渡証明書
  3. 印鑑証明書
  4. 車検証
  5. 自賠責保険証明書
  6. 納税証明書
  7. リサイクル預託証明書

委任状と譲渡証明書は査定時にディーラーまたは買取店が用意してくれることが大半です。

指示に従って必要事項を記入し、当日持参すればOKです。

参考車を売るならディーラー?買取業者?査定額の違いを紹介します

3.ローン残債を清算する

最後に、売却した金額でローン残債を清算します。

この処置もディーラーが実施してくれることが多いです

売却金額が残債を上回った場合は、その差額がご自身に返却されることになります。

逆に残債が上回った場合は、その残債をご自身の資金やローン組みなおし等で清算する必要があります。

ディーラーやローン業者名義の車を売る流れ

ディーラーやローン業者名義の車を売る流れは以下の通りです。

結論から申し上げますと、売却の前に所有権解除の手続きが加わります。

1.ディーラーや買取店で査定を受ける

ディーラーにや買取店に売却の旨を連絡し、査定を受けます。

この部分は名義が誰であっても特に査定の流れにも査定額にも影響はありません。

2.名義を自分に変更する

売却の前に車の名義(所有者)をディーラーまたはローン業者から自分へと変更します。

名義変更にあたり必要な書類は所有者に連絡をして問い合わせれば教えてもらえますが、下記5点の提出が一般的です。

  1. 車検証
  2. 納税証明書
  3. 印鑑証明書
  4. 所有権解除書類交付依頼書
  5. 委任状

ローン会社に問い合わせれば郵送してくれますが、ローン完済を条件にされるケースが大半です。

多額の現金を用意することになるので、査定を受けたディーラーや買取店に相談しましょう。

編集部員の実体験
昔ローン返済中の車を売却したとき、査定価格は420万円でローンは460万円残っていました。ローン会社には460万円支払わないと所有権解除ができなかったので、買取店に相談して一旦全額立て替えてもらいました。
その後売却金額の420万円に自分の貯金40万円を追加し、無事に車を売却することができました。

実際の口コミ
昔ガリバーでローンが240万円残っている車を225万円で売りました。名義は自分だったのでまず225万円で売り、ガリバーから入金されてから自分のお金を15万円追加して全額返済しました。

3.車を売却する

先程ご紹介した書類をディーラーまたは買取店に提出し、売却手続きを進めます。

名義変更と車売却は同時にできますので、まずは書類を忘れないようにだけ注意してください。

この書類がないと車を買い取ってもらえないです

4.ローン残債を清算する

売却した金額でローン残債を清算します。

この部分も査定と同じで、名義が誰であっても特に査定の流れにも査定額にも影響はありません。

ここまで手順をご紹介しましたが、わからなくてもOKです!

ローン中の車の売却は珍しいことではありません。

別記事でも詳しくご紹介していますが、新車購入の約半分の人が残クレを利用しています。

そのためディーラーや買取店もローン返済中の車を査定することはよくあります。

手続きも慣れているため、営業マンに手続きを任せてしまってOKです。

ローン中の車だからといって査定額が下がるわけでもないので、安心してください。

買取店によってはローン中の車も売れる

残債が想定よりも高くなり、ご自身の資金で一括返済できなかった場合の支払い手段の一つとして残債でローンを組み直すことができます。

銀行や一般的なクレジット業者から借入して返済することもできますが、買取店を経由してローンを組みなおすことができる他、車を売却した業者で車を買い替えればローンを1本にまとめてくれる場合があります。

お乗り換えの際にガリバーでご購入いただければ、ローンの残債が残っていても繰り替えが可能です。メインバンクやその他金融機関にわざわざ出向いてローンを組み直す必要はございません。

※引用:ガリバー公式サイトより

現役ディーラーマンの私個人的には、他に借入している状態でローンを組もうとすると審査が厳しくなるため、次のお車のローンに組み込んだ方が得策だと思います。

査定の際に相談してみるとよいでしょう

残クレの車を売却することは可能?

残クレで買った車を途中で売却することはできますか?

もちろん可能です

結論から申し上げますと、残クレ契約途中の売却は可能な場合が多いです。

契約書に契約途中の売却は認めない旨の記載がなければ問題ありません。

実際、私の勤めている業者でも、急遽引っ越して車を使わなくなる等という人生設計の変更により車を手放した事例は数例あります。

残クレの車両はほぼ確実に名義がディーラーやローン業者に帰属していますので、所有権解除の手続きが必要になることだけご注意ください。

編集部員の実体験
ホンダのディーラーで残クレの商談をしていた時、営業さんに「途中で売っても良いのか?」と質問をしました。回答は「残債より高く買ってくれるところがあれば全然問題ないです」とのこと。ディーラーからしたら残債を全部精算してくれれば、新車を1台売ったことと変わらないので問題ないのでしょう。

ローン中の車を売却するなら売却価格が重要

お車を売却しても残債が相殺しきれなければ、車はないのに債務だけ残る形になります。

ローンだけ残ってしまったら辛いですよね

その場合ご自身の資金から捻出したり、最悪ローンを組み直して支払いを続けなければなりません。

ローンを組みなおせば、その後他の要件でローンを組む際に多重債務者として審査が不利となります。

そういった事態を避けるために、残債のあるお車を手放す際はその査定額に妥協せず、できる限り高値で売却する努力をオススメいたします。

そこで次章では、車を高く売る方法を紹介するよ

少しでも車を高く売る方法

ディーラーはよほどの車不足に陥らない限り目一杯の高値で査定することはありません。

中古車として販売する時に1円でも仕入れ値が安い方が得なので当然のことだと思います。

特に付き合いの少ない業者であればその傾向は強くなります。

私自身買取を担当していたこともありますが、査定する際に見るポイントが何点かありますので紹介させていただきます。

同じディーラーで新車を買う

先述の通り、最初に提示される査定額はディーラー側に余裕のある金額であることが多いです。

そのためには何かディーラー側に得を掴ませてそれを元手に交渉することが最も効果的な査定額引き上げ方法になります。

特に、正規ディーラーの営業においては、自動車の販売台数に対して目標や歩合給を設定されているが、車両を安く下取したことに対しては営業になんの評価もつかないことがほとんど。

そのため、担当した営業から車を買うことを条件にすれば簡単に値段は引きあがります。

買取業者に車を売却する

上記では正規ディーラーを想定して記載させていただきましたが、中古車市場への販路のある専門の買取業者やレンタカー事業を展開している中小の非正規ディーラーもねらい目です。

買取専門の業者は中古車販売を主にしている非正規ディーラーやオークションにて売却することで利益を創出しているため、相場観が最も養われている業者になりますので適切な値段を提示してくれることが多いです。

また、最近流行り始めているのが、自社でレンタカー事業も展開しているディーラーです。

こういったディーラーは、多少高値で車両を入手してもレンタカーとして使用することで利益を創出することができるため相場よりも高い値段で買い取ってくれることもあります。

【編集部おすすめ】電話が少ない車一括査定で売る

車を売るときにおすすめなのが、複数業者を競わすことができる車一括査定です。

車一括査定とは

車一括査定は、一度の申し込みで複数の買取業者に査定依頼ができる便利なサービスです。

中古車にはハッキリした値段がないので、1社の査定だと「もっと高く売れた可能性」を潰してしまうのです。

最低でも3社の査定は受けるべきだよ

車一括査定を使えば業者同士が勝手に競い合うため、面倒な交渉ナシで車が高く売れるのです。

各社が競い合った結果

自分で買取業者を回ると、時間もかかるし交渉も面倒、、

車一括査定なら1時間あれば査定が終わるでしょう!

車一括査定のおすすめは「MOTA車買取」

画像:MOTA車買取より

数ある車一括査定の中でもオススメは、MOTA車買取です。

MOTA車買取は一括査定にありがちな電話ラッシュがないので、自分のペースでじっくり考えることができます。

MOTA車買取3つの特徴

画像:MOTA車買取より

電話ラッシュが少ない理由は、買取業者による入札制度を設けているから。

MOTA車買取のイメージ

利用者はMOTA車買取に売りたい車の情報を入力して、各社の査定結果が出るのを待つだけ。

>>MOTA車買取を利用してみる

申し込み翌日18時には、Web上で査定結果を確認することができます。

MOTA車買取の査定結果

入札の結果、査定価格が高かった上位3社からしか電話がこないので、安い業者とやり取りする必要がありません。

もちろん、全国834社の中から最大20社が競い合うから、他の車一括査定のように高値が期待できます。

「とにかく社数重視!たくさんの中から比較したい」という方は、全国1,000社以上の中から最大30社が競い合うカーセンサーもおすすめです。

>>カーセンサー公式サイトを見る

筆者は実際にMOTA車買取を利用し、ディーラーの査定価格より30万円以上も高く車を売ることに成功しました。

MOTA車買取で査定を受ける様子

新車の値引きが少ない中、少しでも車が高く売れればそれだけお得に車を買い替えることができます。

このサイトは実際に使ってみたサービスを中心におすすめしているので、気になる方は是非一度MOTA車買取公式サイトをご覧ください。

>>MOTA車買取公式サイトを見る

筆者がMOTA車買取を利用した記事はここから読めるよ

MOTA車買取で車を売ってみた!ネットの評判を検証した結果とデメリットを紹介
車一括査定の中でも最近よく聞くのが「MOTA車買取」です。 しつこい電話営業がないとクチコミでは紹介されていますが、本当なのでしょうか? 本記事では、筆者がMOTA車買取を使って車を売却した様子と、実体験に基づいてネット上の評判を検証してい...

ローン中でも車を売ったお客様の事例

先述の通り多重債務の可能性をはらんでいるローン中の車両売却ですが、意外にローン中でも車を売却した方は珍しくありませんでした。

ここではそんな方々の事例をいくつか紹介したいと思います。

事例1.ローン期間中に事故・・・そのまま売却し買い替えへ

こちらが最も多いパターンだと思います。今回は事故の多い若い方・・・19歳女性の方の事例を紹介します。

この方は運転に自信がないとのことで、秋に装備込の総額約140万円で2014年式のダイハツタントカスタムを購入されました。

ローンは72回(6年)払いです

しかし、半年も経たずして、初めての雪道でスリップ、大破しそのまま廃車となりました。

今回はエンジンが無事だったので弊社に販路があり、下取金額は3万円としました。

ただ、元々頭金を数十万円入れていたものの、残債50万円が残りました。

この時はそのまま弊社で買い替えいただいたため、オーバーローンを適用して総額約190万円で2017年式のダイハツムーヴカスタムをご購入いただきました。

事例2.転勤で自動車を使わない地域へ急遽引っ越し。売却額で残債を賄いきれず一括返済

続いての事例は20代中盤の社会人の方。車種は購入当時新車のジムニーシエラになります。

この方は約260万円で購入、フルローン84回(7年)払いでした。

この方は購入してから一年後、転勤することとなったのですが、転勤先が都心部ということで車を手放すことになりました。

残債は約220万円

通常、弊社の場合、管理顧客でこれまでも数多くのお知り合いを紹介してくださったりしてお世話になっていたこともあり、1年落ちのジムニーシエラであれば220万円を賄える程の下取りが可能です。

しかしながら、この方はアウトドアが好きで海や山にキャンプや釣りをしによく出かけていたようで、外装は傷や劣化が激しく、内装は煙草の匂いがし、足回りはなんとサビ始めて(波を被った後そのままにしていたらしい)、走行距離も2万キロ程になっていました。

そのため、下取金額は190万円が限界で、残債をご自身の貯金から一括で清算されました。

事例3.他に欲しい車があったため買い替え。売却額が残債を上回り差額をご返金

最後に40代の方の事例です。車種は購入当時新車のハイエースになります。

この方は約480万円で購入、頭金300万円、残額180万円をローンで36回(3年)払いでした。

この方は元々セダンが大好きで長年セルシオやクラウンを所有されていましたが、ご友人の勧めでハイエースを購入されました。

しかし、乗っているうちにどうしてもまたセダンが乗りたくなり、乗り換えることになりました。

残債は残り約80万円でした

所有者が車好きで綺麗に乗っていたこともあり、下取金額は300万円、残債を相殺し、差額の220万円を頭金に車を買い替えられました。

まとめ

  • ローン中の車も売却は可能(残クレも同様)
  • 売却には名義が自分である必要があり、他者の場合は名義変更(所有権解除)が必要
  • 売却額が残債を上回るとは限らず、最悪債務だけ残る可能性がある
  • 少しでも高く売却したい場合は同じディーラーで車を買い替えるのがコツ
  • 信用できるディーラーが見当たらない場合はオークション出品もアリ

今回は自動車をローン返済中に売却することができるのかについて紹介させていただきました。

結論としては残クレ中であっても基本的には可能となりますが、残債を相殺しきれなかった場合の準備も必要です。

私もディーラー勤めとして様々なお客様を経験しておりますが、購入当初は完済してからも乗り続けて車検通らなくなるまで乗るぞ!と意気込みながら、トラブルや環境の変化などで手放すことになっている方を何度も目の当たりにしており、珍しいことではないなと思っています。

今は手放すつもりのない方も、いつかお車を手放すことになるかもしれません。

そのため、お車のメンテナンスを怠らず、価値をできるだけ保つことをおすすめいたします。

【おすすめ】愛車の値段45秒査定
「車一括査定は電話が多い」というのは昔の話です。

MOTA」や「ユーカーパック」なら、電話の回数を極限まで少なくすることができます。

今のおすすめはコレ!
それなのにディーラーの下取りや買取店の査定よりも数十万円も高く売れるので、くるまりこちゃん編集部はオススメしています。

MOTAは査定額が高い最大3社からしか電話が来ないサービス。申し込み翌日18時にはWeb上で査定結果がわかるので、愛車の価格を知りたい人にピッタリ。

>>MOTAで45秒査定を受ける


とにかく高く売りたい人は「ユーカーパック」もおすすめ。1回の査定で最大8,000店が競い合うから、下取りよりも50万円以上も高く売れた実績があります。

>>ユーカーパックで査定を受ける


どちらも電話は数回だけなので、買取業者の電話ラッシュに悩むことはありません。

よくある質問

Q1:ローンが残ってる車でも売却できる?

はい、売却可能です。ただし、名義(所有権)がご本人様である必要があります。名義がご自身であればローン業者やディーラーとの契約内容に特別記載がない限りローン中でも売却が可能です。もし名義が自分ではなく他者の場合は名義を自分へ変更する必要があります(所有権解除)。所有権解除のために必要な書類は、名義人に直接問い合わせれば教えてもらえますので確認をおすすめいたします。

Q2:ディーラーでもローン中の車は売れる?

はい、問題なく売却可能です。ローン中のお車でもディーラーは買い取ってくれます。また、当該車両がローン中であることと、ローン業者がどこであるのかや免許証番号などローン業者に登録している情報を伝えれば残債がいくらであるのか教えてくれたり、売却した場合そのお金をそのままローン業者に振り込んで相殺してくれたりといった対応をしてもらうことができます。

Q3:ローンが払えないから車を売却することはできる?

はい、可能です。ただし、必ずしも売却金額で残債を相殺できるとは限らないため注意が必要です。理由の如何に関わらずお車の売却は可能ですが、売却金額が残債を下回った場合、車を持っていないのに債務だけが残っているという状況になるため慎重な判断をおすすめします。売却金額を少しでも高くするため、個人的には正規ディーラーよりも中古車市場への販路のある専門の買取業者やレンタカー事業を展開している中小の非正規ディーラーもおすすめいたします。

Q4:ローン業者名義の車も売却できる?

契約内容に売却できない旨の記載がない限り、所有権解除すれば売却可能です。ローン契約時、約款を渡されると思いますがそちらに完済前の売却を禁止する旨の記載がない限りは売却が可能です。また、もしそのような旨の記載があっても、一括でローンを完済してしまえば所有権解除の手続きへ進むことが可能となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました